ほうれい線にはサーマクール?それともウルセラ?

年齢肌の悩みのほうれい線

ほうれい線があるだけで10歳も老けて見られることも。しかし深く刻まれたシワなので、そう簡単には治りません。今すぐどうにかしたいなら美容整形で何らかの処置を受けることになります。切らないリフトアップとして有名なのがサーマクールとウルセラです。どちらも超音波を当てるだけで肌内部からハリをアップさせる方法ですが、ほうれい線にはウルセラがおすすめです。肌の奥深くで皮膚を支える筋膜まで光が到達し、本質的なリフトアップが可能だからです。

額のシワやマリオネットシワには

ほうれい線ほど深くない額のシワや眉間のシワ、マリオネットシワにはサーマクールでも十分です。もちろん人によっては、こちらのシワも深く刻まれていてウルセラでないと効果がないこともありますが、通常であればそこまでシワが深くないので、サーマクールでも十分な効果が得られるケースがほとんどです。ただ、どちらも値段はさほど変わらないので、本気で効果を得たいならサーマクールよりもウルセラの方がいいかもしれません。

サーマクールの方が認知度が高いのは

サーマクールとウルセラを比べると、サーマクールの方が認知度が高いです。それはまだウルセラを導入しているクリニックが少ないからです。どちらがいい悪いというわけでなく、単に浸透していないからなのです。今はまだウルセラを導入しているクリニックが少ないので、受けたくてもサーマクールを選ぶしかない方が多いかもしれません。もちろんサーマクールでもハリをアップできるので、とりあえずサーマクールをして様子を見るのがいいでしょう。

サーマクールは、副作用や後遺症などのリスクの低い美容法として、美しさにこだわる女性からの注目が集まっています。