どうやって誤魔化す?美容整形の時間確保とその言い訳

包帯やガーゼの目立つ姿で出社登校したくは無い・・

余程開けっ広げな性格で周りの声も全く気にならないという人でも無い限り、整形手術を受けたという事実は出来るだけ隠したいところですよね。ですが手術によっては傷口も広く、施術完了後しばらくは包帯やガーゼを患部に当てて過ごさねばならないのが辛い所。特に目立つ顔面に関しては隠しようも無く、外出先はもちろん職場でも多くの人の目に留まってしまうものです。せめて大掛かりな包帯やガーゼが取れるまでは、積極的に人に会うのは避けたいところでしょう。

手術前後に余裕の持てる休暇の確保を

最近の美容整形手術は傷跡も小さく、また回復も早いレーザーを用いた方法が主流となっています。また出来るだけ切開部分を小さく留める方法を取っている事もあり、術後の回復も相当早いものとなっています。ですが完全に包帯やガーゼが取れるまでには1週間程度は必要なケースも多く、特に手術予定日よりも後ろに余裕を持って休暇を取得するといった配慮が必要となってくるでしょう。最低限、仕事の繁忙期を十分避けられる期間に施術の予約を入れるのが最善となるのです。

どうしても気にされ訊かれてしまうケースも・・

最大限回復に配慮したものの、包帯やガーゼの取れる期間に間に合わず、やむを得ずこれらを付けたまま出社しなければならないケースもあります。もちろん周囲の人間はそれらが気になりますから理由を問われる事は覚悟しておいた方が良いでしょう。一番良い方法は、顔面であれば包帯やガーゼの上から大きめのマスクを着用し、酷い風邪をひいた、あるいはインフルエンザに掛かったと言って誤魔化すのが一番です。またポピュラーな言い訳として転倒し顔面を強く打ちつけてしまった、というパターンも良いかも知れませんね。

フォトフェイシャルとは、写真を写す時のフラッシュの様な光を顔に当てる事をいいます。これによりシミを取る事ができます。