面倒な自己処理を卒業したいならレーザー脱毛

自己処理とレーザー脱毛の違い

自己処理とレーザー脱毛の違いはムダ毛の処理する部分です。カミソリなどを使った自己処理は正確に言うと脱毛でなく除毛です。つまり、肌の表面に見えている部分の毛だけを除く方法なので、肌内部にはまだ毛が残っています。そのため処理をしても数日して伸びてきたら、また目立ってくるのです。毛抜きでは毛根から抜けますが、毛乳頭は残ったままなのでまた生えてきます。ムダ毛処理を繰り返すのが面倒ならレーザー脱毛すべきなのです。

自己処理が良くないわけ

自己処理はまた生えてくるので良くないのですが、実はそれ以外にもっと良くない理由があるのです。それが肌へ与えるダメージです。カミソリは必要な角質まで剃り落す可能性、肌に傷をつける可能性があります。一方の毛抜きも抜く際に肌の一点に大きな力がかかりダメージを与える可能性、肌を傷付けて埋没毛を作る可能性など、それぞれ肌へ与えるダメージが大きいことが自己処理が良くないと言われる本当のわけなのです。きれいになるためにしているのに、肌へダメージでは逆効果です。

レーザー脱毛をすすめるわけ

レーザー脱毛をすすめる理由は肌へ優しく処理できるうえ、一旦きれいになれば二度と自己処理をする必要がない、つまりカミソリなどで肌へダメージを与えなくて済むからです。レーザーは毛母細胞を破壊するので、一旦ツルツルになればもう二度と毛が生えてくることはありません。照射の際に多少の痛みがありますが、肌内部の痛みなので肌表面にダメージはありません。自己処理に比べれば肌へ与えるダメージは限りなく少ないのです。

レーザー脱毛は一度に広範囲の脱毛が可能であるとともに、施術時間が短くて済む脱毛方法ですが、部位によってはとても痛いと言われています。