歯並びを矯正するべき理由とは!!実利と見栄え

実利的なこととしては

歯並びを矯正することは、実利的な部分がしっかりとあります。それが噛み合せであり、体に良いことになります。咀嚼がしっかりと出来ることが何より重要であり、これは胃腸に影響があります。ですから、その一点を見ても歯並びはよくするべきです。但し、極端に悪いわけではないのであれば、歯並びがそこまでの影響を及ぼすことはないです。まずは歯医者に相談をすることです。噛み合せが極端に悪いならば、十分にやる価値はあります。

見栄えがよくなるのです

歯並びは物凄く見栄えに影響があります。美容的な意味合いも歯の矯正にはしっかりとあります。むしろ、そちらの方が多いです。これは男女共に言えることであり、人前で笑うのが嫌だという人で歯並びが悪いのが理由になっている場合があります。そうした人は手早く直したほうが良いです。別に病気ではないですし、即座に出来るわけではないですが、決して難しいことではないです。お金はかかりますが、ほぼ確実に矯正をすることは可能です。

費用的な問題も考える

実利も見栄え、美容的な利点もある歯の矯正です。しかし、費用がかなりかかります。昔よりは遥かに安くなっていますが、それでも場合によっては数十万円かかります。これは医療ではありますが、保険が適用されないからです。直接的に病気と認定されるわけではないので、完全に自己負担になります。そこがハードルを上げている理由でもありますが、社会人ならば負担できないレベルではないですから、気にしているならばやるべきです。

出っ歯の矯正の矯正は歯科でする事が出来ます。ワイヤーとマウスピースを使い矯正していき、2カ月から1年程で完了します。